ダイビングとは、潜水のことであり水に潜るという意味である。
ダイビングと言えば、主にスキューバダイビングを指すことが多い。
「スキューバ」という空気を詰めたボンベなどの器材を身につけて海の中に潜ることである。
空気ボンベ等の機材を使用するスキューバダイビングに対し、息をこらえての潜水をフリーダイビングと呼ぶ。
スキューバダイビングは海事工事、水難救助、軍事などの職業的活動としても行われる。
一般の人が行うのは、海底の散歩や遊泳することを楽しむレジャーやレクリエーションとしてのダイビング。

50代や60代からでも始めることができるため、老若男女すべての世代が楽しむことができる。
スキューバダイビングには、まず第一に健康であることが重要で、疾患のある方は残念ながらできない。
身体的な障害があっても楽しめるスポーツであるが、障害の程度によってはできない場合もある。
身体的な障害を持つ人たちをサポートする専門的な機関や指導団体が日本国内にもある。
10歳未満の子供は残念ながら基本的にスキューバダイビングをすることができない。
アマチュアの場合、潜水可能深度は最大で40メートル程度であり、潜水可能時間は最大で3時間半程度。